読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さいごのひとくちまでしあわせ。

oriental physio academy埼玉支部。女性専門 痛みと不定愁訴へのコンディショニングサロン joggy代表。PPjump代表。整体師。

【症例報告】日中の咳・夜間の喘息様症状【感触診】

整体。

OPAの赤坂です。

9年連れ添った赤めがねを卒業し、ニュータイプになりました。

ちょっと今時になりました!

顔は薄いままですが!!(;・ω・)

 

今日の症例は

日中の咳・夜間の喘息様症状

です。

職場の方ですね~。

 

ずっとマスクしてコンコン😷

問診での聴取はこうです。

  • 日中咳が止まらない
  • 痰も出る。
  • 寒暖差が大きいと出てくる
  • 夜は本当に苦しくなる

 

「2年前からなんだよね」

とのこと。きっかけとして思い当たるのが

寒くなり始めた今みたいな時期に薄着で外を走った時から、決まってこの時期にはこの症状に陥ると。

 

東洋医学でいう本が肺虚なので、元々呼吸器に出やすい。

西洋医学での喘息でも、典型的な症状が出ていますね。

喘息(ぜんそく)の症状 | チェンジ喘息!なるほど ぜんそく.com

 

通院の予定もあったため、アプローチさせてもらいました。

 


f:id:maaac0510:20161117224338j:image

 

第一目標!!咳を減らしましょう!!編!

 

上記のきっかけにより、咳の時にストレスかかる部分をダウンさせていきます。

まず、胸郭の固さをみてみると、左側が明らかに動いていない。

 

「横隔膜」の左脚にテンション合わせてリリース。

一気に緩む。

テンションは左胸郭全体で感じましたので、「肺」へもアプローチ。

 

肺を見つけるに、打診を使用。

横隔膜の同定には打診!(呼吸リハビリテーション⑤)

呼吸リハビリテーション分野の方なら誰しもがご存じだと思いますが。

(手技自体は難度高めなので、呼吸リハビリテーションの人に聞いてください。)

赤坂さんは大学の時にやった遺産程度ですので。笑

 

肺実質内に入って、胸郭の動きが不十分なところ中心にマイルドにリリース。

合わせて腸間膜リリース。

治療時間10分で1回目終了。

 

後日。

日中の咳が信じられないくらい楽!!

まだ、夜間の苦しさはあるとのこと。

 

 

ということで

第二目標!夜間の症状を減らしましょう!編!

 

第一でやろうとしてたけどやらなかった

「気管」へ。


f:id:maaac0510:20161117224010j:image

 

頸部牽引から気管のテンションを感じてみる。が、イマイチ届かない感じ。

ので、これはお試しみたいになってしまったけど、胸郭上から気管へアクセスしてみることに。

 

これは感触診の脈管系の考え方でやってみた。

動脈、静脈、リンパの感覚ではなくて、気管の走行に沿って呼吸時の空気の流れがわかるかどうか。

わかれば良いということにしました。

 

リリース前の気管は、ズシン、とした感覚。

エリアのリリース感覚の代わりに、上部頸椎のテンションが邪魔して出来ない感覚が。

 

頭蓋の一時呼吸の評価から

後頭骨、第1*2頸椎リリース。

した瞬間、胸郭上部がきゅるるるると緩んで行く。

 

再度胸郭から気管系へアクセスしてみると

呼吸時の空気の流れを感じました。

おお、動いている。。

と、なんか感動(笑)

 

それで治療10分終了♪

 

2日後聞いてみると

「あのね、あの後夜も楽になったの。ほんとビックリしたんだけど!」

と、報告して貰えました!

 

気が抜けると途端咳してたのがかなり軽減され、強い症状はないとのこと。

継続してもっと楽になってもらえるように頑張ります(’-’*)